スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日大三、10年ぶり全国制覇へ!吉永14K完投…西東京大会

 西東京ではセンバツ4強の日大三が昨夏代表の早実とのライバル対決を2―1で制し、2年ぶり14度目の甲子園出場を決めた。プロ注目の148キロ右腕・吉永健太朗(3年)は、公式戦自己最多となる毎回の14三振を奪い、5安打1失点完投の力投を見せた。
 最後も気迫のこもった速球で、自身初の夏切符をつかみ取った。9回2死無走者。カウント1―2から、吉永は入魂の144キロ直球で空振り三振を奪った。宿敵の早実を倒しての甲子園出場。神宮に大歓声が響く中、背番号1はマウンドを駆け降りると、自信に満ちた笑顔で鈴木貴弘捕手と固く抱き合った。

 自己最多を更新する奪三振ショーを演じた。スライダーを軸に組み立てカーブ、シンカー、最速145キロの直球を駆使。14Kのうち10個を空振りで奪った。エースは「変化球でも抑えられるのがわかった」と手応え十分。女房役の鈴木は「1点取られた7回以降は球に気持ちがこもってた。今まででベストピッチです」と感嘆した。

 4強入りしたセンバツ後、モデルチェンジに取り組んだ。本格派右腕だが、直球に的を絞られるのを防ぐため小倉全由監督(54)から「変化球でストライクを取れるようになれ」と指示を受けてスライダーを磨いた。ブルペンでコースを決めて投げ込み「リリースの感覚をつかんだ」という。ネット裏の国内5球団のスカウトも“変身”を高く評価した。中日・石井スカウトは「変化球のリリースが安定したし、直球の回転も昨秋よりも良い。モノはやっぱり良いね」と絶賛した。

 右肩痛でセンバツ後の約1か月、投げられない時期もあった。「苦しんできて、決勝でこれだけよく投げてくれた」と指揮官はたたえた。客席で見守った父・巌さん(44)は、「勝って泣くのは初めて見た。ずっと『夏の甲子園に行きたい』と言ってたからね」と、試合後ベンチ前で涙をぬぐった姿に目を潤ませた。

 昨秋の明治神宮大会を制し乗り込んだセンバツでは、V候補本命としての重圧に苦しんだ。「思い切った投球ができず、悔いが残った。最後の大会なので思い切った投球をして、監督さんに良い思いをさせたい」と吉永。投球の幅を広げたエースが確かな自信を胸に、01年以来の全国制覇へ完全燃焼する。

 ◆日大三(町田市) 1929年創立の私立共学校。生徒数1214人(うち女子426人)。野球部は29年に創部。部員は68人。春は18度甲子園出場(優勝1度)。主なOBに近藤一樹(オリックス)、荒木郁也(阪神)ら。
(報知)
関連記事
スポンサーサイト

tag : 中日ドラフト情報

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。