FC2ブログ

“宮崎のダル”武田、脱水症状に泣く

 高校生屈指の右腕、宮崎日大・武田翔太投手(3年)が脱水症状による途中降板で、準々決勝で姿を消した。

 序盤から145キロの直球を武器に11三振を奪ったが、六回から両足ふくらはぎがけいれん。「以前からつり癖があるんですが(0‐0の)接戦で疲れが出たのかも」と武田は肩を落とした。九回の攻撃で遊ゴロを放ち一塁へヘッドスライディングした後、症状が重くなった。その裏のマウンドは死球と内野安打、盗塁で1死二、三塁。次打者に1球投げた後でいったんベンチで治療した。

 17分後、再びマウンドに戻ったが足元はおぼつかない。屈伸を繰り返しながら次打者に投げたが四球で満塁。そのまま交代を申し出て、チームメートにおぶられてベンチへ下がった。緊急登板した中野一也投手(3年)が左前へサヨナラ打を浴び、短い夏が終わった。

 日米7球団が視察。「体力が持てば1年目から1軍で投げられる」(阪神・田中スカウト)と抜群の素質を持つ“宮崎のダルビッシュ”の夏は思わぬ敵に阻まれた。武田は「プロ入りに向けて頑張りたい」と今後も練習を続けるつもりだ。
(デイリー)
関連記事
スポンサーサイト



tag : 阪神ドラフト情報

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示