FC2ブログ

東洋大姫路・原樹理3戦9イニング連続無安打投球…兵庫大会

 格が違った。4―0の6回2死満塁で、東洋大姫路・原樹理(3年)が登板。外角低めへ143キロ直球で空振り三振を奪い、ピンチを脱出した。近畿NO1右腕は「一番いいボールを投げられた」と涼しい顔で振り返った。
 この後、9回まで3回1/3を投げて無安打無失点に封じ、今大会は3試合17回無失点となった。初戦(対宝塚北)の延長11回から、実に9イニング連続で安打を許していない。「低めにしっかり投げられた」と上り調子を強調した。

 これで16強入り。藤田明彦監督(54)は「次は先発。本人もうずうずしているでしょう」と今大会初の先発起用を明言した。MAX147キロ右腕も「やっとスタートライン。死に物狂いで、しっかり腕を振って投げたい」と、強い決意を口にした。
(報知)
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示