スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東海大甲府70発の高橋散る…/山梨大会

 高校生NO・1野手の夏が終わった。高橋周平内野手(3年)擁する東海大甲府が、山梨大会準々決勝で山梨学院大付にサヨナラ負けした。高橋は3点を追う8回2死満塁、走者一掃の適時二塁打で同点としたが、あと1歩及ばなかった。今秋ドラフトで複数球団が1位候補に挙げる強打者は涙を見せず、プロ志望を明言した。

 東海大甲府・高橋の目に涙はなかった。「やることはやった。悔いはないんで」。1点を返し、なおも3点ビハインドの8回表2死満塁。最大の好機で外角のカーブをひきつけ、バットの先端で右翼フェンスまで運んだ。走者一掃の二塁打。あと1メートル飛べば逆転の満塁弾だった。冷静な男が塁上で珍しく喜びを爆発させたが、無情にも9回裏、サヨナラの打球が二塁手の右脇を擦り抜けていった。

 4打数1安打。今大会初めて敬遠されなかった。通算70発の本塁打も夏の大会ではゼロだが「大事な場面でヒットが出ればいい。そこで打てるのが主将です」。堂々勝負して、敗れた。

 地元神奈川を離れた、山梨での3年間は誇りだ。常々「自分は練習をやめるとただの凡人。努力の人でありたい」と言ってきた。幼少期から、練習は3度の飯と同じくらい当たり前のものだった。ホームシックになってもケガをしても、絶対に帰らない。毎試合、手作りの甘い卵焼きを持って応援に訪れた母玉寄さん(47)も「褒めてあげたいね。神奈川に連れて帰って、練習の監視しなきゃ」と笑顔で拍手を送った。

 敗れても、高校生NO・1野手の評価は不動。この日もドラフト1位候補に挙げる阪神など5球団のスカウトが視察した。高橋は「目標はずっとプロ野球選手。変わらないです」と、プロ志望届提出の意思を示唆した。追いかけても追いかけても、夢のままだった甲子園。高校野球で大きく成長した「努力の人」は、今度はプロの世界で、新たな夢を探す。
(日刊)
関連記事
スポンサーサイト

tag : 阪神ドラフト情報

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。