FC2ブログ

下町のダルビッシュ5回途中5失点KO…東東京大会

 「下町のダルビッシュ」の夏が終わった。先発したプロ注目の149キロ右腕・吉本祥二(3年)は5回途中4安打5失点KO。昨夏と同じく4回戦で姿を消した。試合後、「緊張で体が固まってしまった。今日は本当に自分のせい」と泣き崩れた。

 187センチの長身と長い手足、最速149キロの速球から「下町の―」と呼ばれた。日本ハムのダルビッシュは逆境になるほど力を発揮するが、吉本は重圧から胃腸炎を起こし、胃薬を飲んで上がったマウンドでは吐き気をこらえた。自慢の直球は高めに抜け、6四死球を与えた。それでも「(周囲の)注目は言い訳にならない」とエースは責任を背負い込んだ。

 次のステージが待っている。セ・パ7球団のスカウトが視察し、ロッテ・松本編成統括は「体力がつけば球持ちが良くなり、球質も上がる。球団によっては単独1位指名もある」と高い評価。「プロに行きたい気持ちは強い」と吉本。「本家」が活躍する舞台で、いつか日本一の夢を追いかける。
(報知)
関連記事
スポンサーサイト



tag : 千葉ロッテドラフト情報

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示