FC2ブログ

虎熱視線の東海大甲府・高橋タイムリー

 山梨では東海大甲府が五回コールドで北杜を下し、ベスト8進出を決めた。阪神などがドラフト1位候補に挙げる高橋周平内野手(3年)は、厳しいマークの中、先制の適時二塁打を放ち勝利に貢献した。

 山梨の球児で、高橋周平の名を知らない者はいない。プロが熱視線を送る超高校級のスラッガー。それゆえ練習試合ならまだしも、公式戦ともなればまともに勝負をしてもらえない。初戦の富士学苑戦では第1打席で敬遠気味の四球。この日も2、3打席目と2打席連続で敬遠気味の四球で歩かされた。かつての星稜・松井がそうであったように、勝負を避けられれば避けられるほど、存在がより大きくなる。

 厳しいマークの中でも決して集中力を切らさなかった。初回1死二塁の第1打席では2ボールからの3球目の高めボール球を強振し、中越え適時二塁打。中堅手が目測を誤り、慌ててバックするほどの打球の伸びに「詰まったかなと思ったけど、けっこう伸びた」と涼しげに笑った。

 ボール球にあえて手を出したことには「バットが届く範囲内だったので。それに、あの場面で1点取って先制すれば流れに乗れると思ったから」と明かす。主将ならではのゲームを優位に運ぶ読みもあった。

 ネット裏で視察した阪神の菊地東日本統括スカウトは「まともに勝負はしてもらえないね。そういう選手だということ」とポテンシャルの高さを改めて評価した。

 チームとしては2年ぶりの8強進出を決めた。「負けたら終わるので、勝つしかない」と力を込める。先を見すぎることなく、一戦必勝の精神で目先の戦いに全力を注ぐ。
(デイリー)
関連記事
スポンサーサイト



tag : 阪神ドラフト情報

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示