FC2ブログ

明徳義塾・北川、成長見せる!

 四国4県で1、2回戦計21試合が行われた。開幕した高知大会では昨夏代表校の明徳義塾が室戸に快勝し、3季連続出場へ好発進。主将で4番の北川倫太郎外野手(3年)が、コールド勝ちを決める左犠飛など2打点で初戦突破に貢献した。

 最後は主将のバットが決めた。八回、6点差でなお1死一、三塁。5打席目の北川は左翼に犠飛を打ち上げて試合終了。3季連続甲子園へ一歩目を踏み出した。

 「一戦一戦集中して、最終的に勝てばいい」。県大会初戦勝利で表情が緩むことはない。真の常勝軍団復活を目指す明徳の主将として、もっともっと上を見据えている。

 室戸の同姓左腕・北川には昨夏も2回戦で対戦。チームは3安打と封じられ、終盤に四死球が絡んでようやく2得点。北川自身も3タコ2三振に抑えられていた。

 この1年の成長がはっきりと出た。昨年の明徳は室戸戦を乗り越え、6年ぶり夏の甲子園へ。新チームは秋の四国大会を制し、明治神宮大会でも1勝。そして、今春選抜と大舞台で数々の経験を積んできた。

 特に選抜では日大三に初戦敗退。馬淵監督の甲子園初戦連勝記録を20で止めてしまった。「もう一度夏に出て、春の借りを返さないと」と北川は雪辱を誓う。自分たちの代で不敗神話第2章を再スタートさせるためにも県突破は絶対条件だ。

 阪神、巨人など5球団のスカウトが熱視線を送る中、第2打席のショートハーフライナーなど、中途半端なスイングも見られた。七回の一塁強襲適時打も泳がされていた。最後の犠飛でようやく手応えのある当たりを放った。

 「明日一日空くので、しっかり修正します。今日の最終打席の形を忘れないようにしてチームの勝利に貢献したい」。1年秋から名門野球部の4番を打ってきたプロ注目の大型打者が本領発揮して、最後の夏も必ずチームを聖地に導く。
(デイリー)
関連記事
スポンサーサイト



tag : 阪神ドラフト情報 巨人ドラフト情報

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示