FC2ブログ

東洋大姫路・原 本領発揮14K/兵庫大会

 近畿NO・1右腕、東洋大姫路・原樹理(3年)が圧巻の三振ショーを演じた。宝塚北戦の3回途中から登板。フォーク、カットボールを封印し、最速145キロのストレートを軸に8回1/3を14奪三振無失点。延長11回、勝利を呼び込んだ。視察の日米9球団のスカウトも絶賛した。

 おもしろいように相手打者のバットが空を切る、圧巻の三振ショーだった。3回2死一、三塁で原が救援登板も、直後に三塁走者に本盗を許し、相手に先制点を奪われる。だが、そこからが原の真骨頂。最速145キロの速球、キレのあるスライダーで三振の山を築き上げた。

 最終11回裏こそ連打を許したものの、10回まで毎回の14奪三振。そのうち10個を得意のスライダーなどを振らせて奪い、スタンドに詰めかけた日米9球団のスカウト陣も舌を巻く出来だった。ブレーブス大屋博行国際スカウトは「ピッチャーとしての素質は満点。体がまだまだ出来てないから伸びしろも十分ある。(広島の)前田健太よりバネがある」とうなった。

 味方打線の援護がなく延長にもつれ込む展開だったが、原が相手打線につかまる気配は全くなかった。しかもこの日投げたのは、直球、スライダーにカーブ2球だけ。カットボールにフォークは披露すらしなかった。

 しかし、試合後の原に笑顔はない。「まっすぐが走ってたし球威はあったと思うけど、細かいコントロールはまだまだ。自分の中では合格点にはいってないですね」と厳しい。

 最後の夏にかける思いは人一倍だ。5年ぶりに復帰した藤田明彦監督(56)の方針で、初めて5月中旬から約1カ月、早朝の強化練習を行った。原は自宅のある兵庫・加古川市から毎朝始発電車に乗って学校へ。授業までの約1時間、山道を黙々とランニングし、猛暑に負けない体力づくりに努めてきた。

 「県内ではどこのピッチャーにも負けたくないですから。今日も暑さを楽しめるほどだったし、体力でも気力でもだれにも負けないと思う」。ピカイチの素質に苦しい練習を乗り越えた自信を胸に、原の高校最後の夏が始まった。
(日刊)
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示