FC2ブログ

宮崎日大・武田、最速147キロで日米13球団魅了…宮崎大会

 圧巻だった。0―1の5回、宮崎日大の武田がギアを上げた。無死一、二塁から3者連続三振。追加点を防ぐと、8回に味方が4点を奪い逆転した。「1点取られて、開き直れた。うちは後半に強いのでバックを信じていました」。187センチの剛腕があどけない笑顔を見せた。

 この日最速147キロの直球に加え、変化球も切れた。9回6安打11奪三振。ネット裏の日米13球団スカウトからは絶賛の声が相次いだ。巨人・武田スカウトが「あのスライダーは高校生には打てない」と言えば、阪神・池之上西日本統括スカウトも「ダルビッシュと言ったら言い過ぎか」と最大級の賛辞を贈った。

 本人の憧れは、その球界を代表する右腕。“本家”ばりに、武田も自己最速151キロの直球にスライダー2種類、カーブ3種類、フォーク、シュート、チェンジアップと9種を投げ分ける。「遊びで握っていたら投げられるように」という器用さで相手を翻弄した。

 真夏対策として、5月から2か月間、雨がっぱを着用して走り込んだ。「熱中症になりかけた」と苦笑いするが、強じんなスタミナと精神力を身につけた。県大会の決勝まで残り4試合すべて投げ抜くつもり。「全部勝ちますよ」。力強く言い切った高校NO1右腕には甲子園しか見えていない。

 ◆武田翔太(たけだ・しょうた)1993年4月3日、大分・別府市生まれ。18歳。小学1年で宮崎に移り、住吉小4年でソフトボールを始め、住吉中から本格的に野球に転向。以来、投手。中学3年で県大会出場。宮崎日大では1年秋からベンチ入り。50メートル6秒7。遠投120メートル。家族は両親、姉2人。187センチ、80キロ。右投右打。

 ◇九州に3年生の注目右腕ズラリ この日快投を見せた宮崎日大・武田、宮崎商・吉田だけでなく、MAX149キロを誇る唐津商(佐賀)の北方悠誠は12日の初戦(対唐津西)で6回10Kで無失点。センバツ8強で注目度が上がった波佐見(長崎)の松田遼馬はこの日、初戦(対西陵)で完投したが1―5で敗退。ただ評価は高く、プロ志望届を提出すれば、いずれもドラフトの上位指名が予想される。
(報知)
関連記事
スポンサーサイト



tag : 阪神ドラフト情報 巨人ドラフト情報

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示