FC2ブログ

東海大・菅野、一級品!プロ舌巻いた

 日米大学野球選手権(7月3~8日、米国)を控える大学日本代表が27日、東京・府中の明大球場でプロ野球イースタン・リーグ混成チームと練習試合を行い、2‐5で敗れた。東海大・菅野智之、東洋大・藤岡貴裕、明大・野村祐輔の今秋ドラフト「BIG3」がそろって登板し、プロ相手に力を試した。

 BIG3がプロと対戦するとあって、ネット裏には日米13球団、50人以上の編成担当者が駆けつけた。3人の中で最後にマウンドに上がったのが東海大・菅野。阪神の坂井オーナーも関心を寄せる右腕が、イースタンの若手を震え上がらせた。

 八回から登板し、東海大相模の後輩・大田に犠飛で1点を献上したが、続く九回は本領を発揮。高校の先輩・田中を空振り三振に斬った。その後、中前打で1死一塁としたが、代打定岡を併殺に仕留め、無失点で切り抜けた。

 田中は「スライダー、フォーク、すべてが一級品。プロでは対戦したくないですね」と想像以上のレベルの高さに舌を巻いた。日本代表では抑えを任される菅野は「力の差はそんなに感じなかったが、大学と違って甘いボールはしっかり打ってくる」と冷静に振り返った。

 一方、先発した東洋大・藤岡は2回を3安打2失点。大学選手権優勝後は疲労を考慮して、調整のペースを緩めていただけに本調子を欠いた。「疲れは取れましたが、きょうは実戦の間隔があいていたので」。また、明大・野村は2回を2安打無失点に抑えるも「まだ無駄なボールが多い」と反省を忘れなかった。

 生でチェックしたソフトバンクの王球団会長は「それぞれの持ち味を出していた」と満足そうな表情。BIG3はプロとのハイレベルの対戦を糧に大会3連覇を目指す。
(デイリー)

tag : 福岡ソフトバンクドラフト情報

虎は7人態勢で大学BIG3ら視察

 阪神は佐野編成部次長らスカウト7人態勢で視察に訪れた。菊地東日本統括スカウトはBIG3について「リーグ戦から間隔があいていることもあるのかな。少し調子を落としている」と話し「まあ、結果がどうこうという選手ではないから」と変わらぬ評価を与えていた。
(デイリー)

tag : 阪神ドラフト情報

坂井オーナー「菅野強奪」後押し

 阪神・坂井信也オーナー(63)が27日、今秋ドラフトに弱腰厳禁の強硬姿勢で臨むことを宣言した。既に巨人など複数球団が1位指名選手を表明。それぞれの思惑が入り乱れるが、坂井オーナーは「そんなん関係あらへん」と断言した。阪神は、巨人が昨年末に異例の早さで1位指名を決めた東海大・菅野智之投手の強行指名も視野に入れるが、その方針に猛虎総帥がGOサインを出した。

 この日、大阪市内の阪神電鉄本社で取材対応した同オーナー。「投手か野手かという大きいとこもあるし、早よ言う必要もないですからな」と球団の1位指名は今後、入念に選定する方針を示した。

 ただし、巨人が菅野、ロッテが東洋大・藤岡、広島が明大・野村の1位指名を早々に表明したことには「いくつか表明されてるみたいですが、言うても意味ないですよ」。他球団が相思相愛ぶりをアピールしてきても「これはドラフトですよ」と、一切、遠慮や競合回避を図らない構えだ。

 一方、時間が合えば、今後、球団のスカウト会議に異例の出席をする可能性も示唆した。「スカウトが推薦する候補がいるなら、なぜか。また下馬評が高い選手がリストに入ってないなら、その理由も聞いてみたい」。

 過去にも有力候補のリスト漏れがあったことも指摘し、「ドラフト当日の雰囲気とかで変わらんよう、何度も予行演習もしとかんと」と話した。鉄板の戦略を練り、それを鋼の意志で指名する。
(デイリー)

tag : 阪神ドラフト情報

東海大・菅野、先発&守護神兼任へ 金光監督が示唆

 今秋ドラフト最注目右腕・菅野智之(東海大4年)が、第38回日米大学野球選手権(7月3~8日・米ダーラムほか)で先発と抑え兼任の“ジョーカー”として起用される可能性が26日、浮上した。

 渡米直前の壮行試合を控え、金光興二監督(55)=法大監督=が大胆な構想を明かした。藤岡貴裕(東洋大4年)、野村祐輔(明大4年)に並ぶ大学BIG3の一角、菅野について「球の速さやキレ、いろんなことを考えると、大事な局面で抑えを任せられるのは、いちばん力のある4年生」とストッパー起用を示唆。さらに「抑えにしたとしても、先発もあり得る。オールマイティーな起用になる」と、事実上のエース指名だ。

 27日のイースタン・リーグ混成チーム戦(明大球場)では、藤岡が先発し、菅野は8回から2イニングの登板予定。すでに、09年の日米大学野球、昨年の世界大学野球選手権で抑えを経験しているが、ストッパー適性を最終チェックする方針だ。

 ナインはこの日、川崎市内で全体練習。ブルペンで48球を投げ込んだ菅野は「自分の任された位置でゼロに抑えるだけ。先発と抑えの両方ができるというのも楽しいですね」と前向きだった。
(報知)

巨人ドラ1位候補の東海大・菅野 日米野球は守護神

 第38回日米大学野球選手権大会(7月4日開幕、米国)に臨む大学日本代表が26日、神奈川県川崎市内で始動した。米国開催史上2度目の優勝への切り札として、今秋ドラフトで巨人が1位指名を表明している東海大の157キロ腕、菅野智之投手(4年)が守護神として起用される可能性が高くなった。27日のイースタン・リーグ混成チーム戦(13時、明大グラウンド)で、まずはその実力をアピールする。

 最速157キロ腕が日本を守る。金光興二日本代表監督(法大)は剛腕・菅野について「先発と抑えとオールマイティーに使う可能性もある」と含みを持たせながらも「ただ最後の局面を任せるとなると一番力のある投手に任せたい」として守護神の最有力候補とした。

 150キロ台の直球だけでなく、スライダーやフォークなど多彩な変化球を持つ菅野は抑えに適任だ。首都大学リーグでは1年生から主戦として先発を任されながら、ポイントでは救援もこなすなどフル回転している。日本代表でも、初めて日の丸を背負った09年の日米大学選手権で抑えとして2試合に登板。米国開催の日米大学選手権初優勝に貢献した。昨年の世界大学選手権でも先発、中継ぎをこなすなど実績、経験は申し分ない。練習初日に、ブルペンで48球を投げた菅野自身も「2年から日本代表で抑えをやらせてもらっていい勉強になったので、集大成として抑えをやってみたい気持ちもある」と前向きな姿勢を見せた。

 ソフトバンクの王貞治球団会長も視察する27日のイースタン・リーグ混成チーム戦では、5番手として8回から2イニングを投げる予定。「昨年の世界大学野球選手権ではキューバに直球が通用しなかったけど、自分も進化してるので真っ向勝負したい」とまずはプロ相手に自慢の直球を試すつもりだ。
(スポニチ)
訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示