スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄腕吉永125球完投!日大三2年連続8強だ

 189球を投げた初戦に比べれば余力十分だった。2点リードの9回2死一塁で、カウントは1ボール2ストライク。日大三の吉永は宝刀のシンカーで空振り三振を奪いゲームセット。球数は125球だった。

 「初戦は緊張から縮こまって自分の投球ができなかったので、きょうは思い切り投げようと思っていました。だんだん慣れてきて自然に腕が振れた。甲子園のマウンドを楽しめた」

 昨秋の明治神宮大会優勝投手で最速147キロの吉永には、プロも本格派右腕として注目。しかし、1回戦の明徳義塾(高知)戦では自己ワーストの7四死球、5失点と乱れた。この日も初回に先制点を許したが、2回以降は尻上がりに調子を上げた。無四球と制球も安定し、9回にこの日の最速146キロを記録した。

 直球が切れた分、左打者の外側に逃げるように沈むシンカーも効果的に決まった。得点圏に走者を背負った5、7回にはそのシンカーで空振り三振を奪った。視察した楽天・上岡良一スカウトが「いいフォームをしてるから直球を磨いていけば楽しみ」と話すなど、ようやくの本領発揮だった。

 大会7日目を終えた時点で、関東、東京から出場した7校中、勝ち残っているのはわずかに2校。震災の影響は結果に色濃く表れている。震災が発生した11日がすでに試験休みだった日大三は、目立った被害こそなかったものの、大会前に10試合予定していた練習試合は相手校の都合もあり5試合しか消化できなかった。小倉全由監督は「ウチなんて恵まれてる方。大阪で試合もやらせてもらいましたから」と話したが、もともと公式戦は昨秋から遠ざかっているだけに実戦経験の不足は否定できない。その中でチームは、吉永の力投もあり、苦しみながら2試合連続の逆転勝ちを収めた。

 これで2年連続のベスト8進出。昨春は決勝で興南(沖縄)に敗れ、手が届かなかった頂点まであと3勝と迫った。「まだ80点です」。吉永は表情を引き締めたが、おぼろげながら紫紺の大旗も見えてきた。
(スポニチ)
スポンサーサイト

tag : 東北楽天ドラフト情報

成長した釜田&吉永/センバツ注目選手

 大会トップの150キロを記録した釜田佳直(金沢=3年)は、加古川北戦の5回2死まで完全ペースの快投を見せた。その時点で奪った三振は9個。速くても三振を取れなかったのが昨年秋までの釜田。本格派の卵が見事にふ化。明治神宮大会優勝の吉永健太朗(日大三=3年)も変身を遂げた。ステップ幅の狭さを改善し、下半身主体のピッチングをモノにしたのだ。明徳義塾戦の5失点は、さらに高みに達するまでの陣痛のようなもの。どこまで本格化するのか見守っていきたい。

 低めの制球力と球持ちのよさで京都成章を翻弄(ほんろう)した野村亮介(静清=3年)馬力の高さでスカウトの目をくぎづけにした松田遼馬(波佐見=3年)など、昨年以上に見ごたえのある投手がそろったというのが素直な印象である。

 打者では北川倫太郎(明徳義塾=3年)が吉永との対決で二塁打を放ち、超高校級の評価を定着させた。課題の守備と走塁にも成長が見られ、問題意識の高い選手は細かい部分にも目配りができると感心した。打席に立っただけで空気を一変させた湯本翔太(日本文理=3年)、サヨナラの立役者になった溝脇隼人(九州学院=2年)の俊足など、枚挙にいとまがない。
(日刊)

スカウト陣高評価は右腕2投手「150キロは魅力」

 投手では初戦敗退したものの、今大会最速の150キロをマークした金沢・釜田と波佐見・松田が高評価。釜田については「あれだけ速い球が投げられるのは魅力。投球フォームのバランスもいい」(オリックス・長村編成部長)。松田に関しては「体に力がある。今後が楽しみな投手」(ソフトバンク・永山スカウト部長)など将来性を高く買う声が多かった。
(スポニチ)

tag : オリックスドラフト情報 福岡ソフトバンクドラフト情報

ロッテスカウト「今大会は打撃が魅力の捕手が多い」

 28日で1回戦が終了し、全32校が登場。バックネット裏のスカウト陣に今秋のドラフト候補の選手について聞いた。野手では捕手、外野手に好選手がそろった。東海大相模・佐藤、九州国際大付・高城ら「今大会は打撃が魅力の捕手が多い」(ロッテ・松本編成統括)。外野手では履正社・海部、東海大相模・臼田、九州学院・山下ら俊足巧打の選手が高い評価を受けた。
(スポニチ)

tag : 千葉ロッテドラフト情報

虎スカウト会議、金沢・釜田ら選抜チェック

 阪神は28日、西宮市内の球団事務所でスカウト会議を開いた。編成部長を兼務する沼沢球団本部長、スカウト陣らが出席し、選抜高校野球大会出場選手を対象にリストアップを行った。

 佐野スカウト統括は「例年通り、1回戦が終わって目立った選手についての話し合い。きょう挙がった選手を各地区担当のスカウトが引き続き見ていきます」と説明。150キロを記録した金沢・釜田佳直投手、俊足巧打の履正社・海部大斗外野手ら約40人をチェックした。また年始のスカウト会議で真弓監督が要望した「大きいのを打てる野手」については継続して調査することになった。
(サンスポ)

tag : 阪神ドラフト情報

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。