FC2ブログ

菅野149キロ、日米8球団スカウト集結

 今秋ドラフトの超目玉、最速157キロ右腕の東海大・菅野智之投手(3年=東海大相模)が、ドラフトイヤー初戦でいきなり149キロをマークした。23日、静岡市の清水庵原球場で行われた社会人野球JR東日本とのオープン戦の8回、4番手で登場。2安打を浴びたが、1回1三振無失点で切り抜けた。

 実戦マウンドは昨年11月の明治神宮大会決勝以来。中身の濃い16球を振り返り「真っすぐもいい球があった。合格点」と満足げだ。不利な状況でも、自分を試す余裕があった。連打で1死一、三塁のピンチに、変化球で2球ボール先行。だがさらにスライダーを投じた。「あそこでストライクを取れたのは収穫」とうなずいた。打たせて取ることを考えた選択で、後続を断った。

 この時期としては異例の149キロを記録した右腕を周囲も絶賛した。日米8球団11人のスカウトが集結。メッツ大慈弥スカウトは「(メジャーでも)一流になる要素がある」。対戦したJR東日本・堀井哲也監督(49)も「他の大学生とランクが違う。排気量の大きさを感じる」とたたえた。

 明日25日から沖縄キャンプに出発。横井人輝監督(48)は「もう少しフォームを安定させたい。(打者に踏み出してから)間の粘りが必要」と課題を掲げる。3月12日の沖縄電力戦では先発予定。「17日間で2000球は投げたい」(菅野)とテーマを掲げる。さらなる成長を遂げる1年が始まった。
(日刊)

東海大・菅野に日ハム・スカウト驚愕「ダルビッシュ級!」

 首都大学リーグ東海大の157キロ右腕・菅野智之(3年)が23日、社会人野球のJR東日本と今年初のオープン戦に登板した。日米8球団のスカウトの見守る中、MAX149キロをマークし1回を2安打無失点1三振。ドラフトイヤーを順調にスタートさせた。今春から背番号を「11」から「18」に変更。伯父である巨人・原辰徳監督(52)の現役時代の背番号「8」が入ったエースナンバーを初披露した。
 菅野が順調な滑り出しを見せた。昨年11月18日の明治神宮大会決勝以来の実戦マウンド。8回から登板すると打者5人に16球。2安打を許すも最速149キロの直球にカーブ、スライダー、カットボールを織り交ぜ無失点で切り抜けた。「戸惑うことなく例年に比べて仕上がりは良い」


 ピンチで見せた進化。8回1死一、三塁。2ボールからスライダーでストライクを取り、最後は内角高めの直球で空振り三振。続く打者は外角のカットボールで遊ゴロに仕留めた。ネット裏の8球団11人のスカウトも、剛腕の早い仕上がりに感嘆した。すでに1位指名を公言している巨人・大森スカウトは「走者を出した時の投球がさすが。内角を直球でつき、外角の変化球でゴロを打たせていた」と絶賛。日本ハム・今成スカウトも「ダルビッシュ級。球に威力があって変化球の制球も良い。ダルになれる資質を持ってるね」と舌を巻いた。

 勝負の年。慣れ親しんだ背番号11に別れを告げた。この日、菅野は野球人生初の背番号18で初登板。横井人輝監督(48)は「うちのエースナンバー」と今春から18に変更する考えを明かした。「1が好き」という菅野。そして「8」は伯父さんが巨人で背負った番号。「18をつけることでチームへの存在感を示したい」

 25日から3月14日まで沖縄キャンプに入る。「フォームはまだまだ。17日間あるので、最低でも2000球は投げてフォームを安定させたい」。日本ハムで背番号18を背負う斎藤佑樹(早大4年)から、学生球界のエースの座を継承すべく、前進を続ける。
(報知)

tag : 北海道日本ハムドラフト情報

編成トップが東洋大・藤岡らドラフト候補、生観戦…阪神

 阪神が、大学との練習試合に編成部のトップを送り込み、今秋のドラフト候補生を生チェックする。試合を計画中の大学に1位候補が大勢おり、沼沢正二球団本部長(52)は「すべて見に行くつもり。上位候補の選手が必ずしも出てくるかは分かりませんが、楽しみ」と即戦力候補の実力を見極めると明かした。

 3月1日にプロと大学との練習試合が可能となり、阪神ではこの日承認された明大以外に近大、立命大、東洋大と練習試合を計画。明大の野村祐輔投手(21)をはじめ、変則左腕の中後悠平投手(21)を擁する近大、東洋大には藤岡貴裕投手(21)らドラフト1位候補がズラリ。立命大にも147キロ右腕の徳山武陽投手(21)がいる。「全く打てないかもしれない」と沼沢本部長は苦笑。実現なら、阪神は若手主体のメンバー構成で臨む見込みだ。
(報知)

tag : 阪神ドラフト情報

8球団視察 菅野 今季初登板で149キロ 巨人スカウト「申し分ない」

 巨人が今秋ドラフトで1位指名を公表している東海大・菅野智之投手(21)は23日、静岡県内で行われたJR東日本との練習試合で今季初登板を果たした。

 巨人を含む国内7球団とメッツの計8球団11人のスカウトが視察する中、8回からの1イニングを2安打無失点。最速149キロを計測し「例年に比べて仕上がりは早い。このぐらい投げられれば合格点」と納得の表情を浮かべた。

 巨人の大森スカウトも「力を入れた真っすぐがこの時期にこれだけ(球速が)出れば申し分ない。順調にきていて安心しました」とあらためて高評価した。

 25日からは沖縄県国頭(くにがみ)郡で同大の春季キャンプがスタートする。17日間で「2000球を投げ込みたい」と気合十分の右腕が、南国でさらに調整のペースを上げていく。
(スポニチ)

tag : 巨人ドラフト情報

ヤクルトがドラ1候補に明大・野村

 ヤクルトが今秋ドラフト1位候補に、明大・野村祐輔投手(3年=広陵)をリストアップした。野村は現在東京6大学リーグで19勝を挙げる右腕で、最速149キロの直球にカットボール、チェンジアップなど多彩な変化球を操る。昨年は4球団競合の末に、日本ハム斎藤佑樹投手(22=早大)をクジで外したが、再び東京6大学の星に熱視線を送っている。球団関係者は「今年は投手になる。(野村は)試合をつくる力がある」と高評価。左腕では東洋大・藤岡貴裕投手(3年=桐生一)をトップ評価し、野村とともに1位候補に挙げる。東海大・菅野智之投手(3年=東海大相模)、近大・中後悠平投手(3年=近大新宮)を含めた大学生投手4人を特Aランクとして、重点的に調査を進める。昨年は早々と日本ハム斎藤の1位指名を公言したが、今年はドラフト直前まで慎重に見極めていく方針だ。
(日刊)

tag : 東京ヤクルトドラフト情報

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示