FC2ブログ

日大三・吉永はダルの著書を熟読

 11年秋のドラフトには、10年に1度と称されたハンカチ世代を上回る実力派がめじろ押しだ。いち早く来秋のドラフト候補をチェックした。

 秋の日本一投手、日大三(東京)吉永健太朗投手(2年)は、182センチの長身から投げ下ろす最速147キロの直球が一番の魅力だ。今秋の明治神宮大会は3試合連続完投で初優勝を飾った。寮では憧れの日本ハム・ダルビッシュの著書を熟読。来春センバツへ「失点しない投手」が目標だ。
(日刊)

帝京・伊藤は「150キロ出したい」

 11年秋のドラフトには、10年に1度と称されたハンカチ世代を上回る実力派がめじろ押しだ。いち早く来秋のドラフト候補をチェックした。

 帝京・伊藤拓郎投手(2年)も上位候補の筆頭だ。1年夏の甲子園では最速148キロをマークする鮮烈な全国デビュー。キレのあるスライダーも魅力で、将来の夢はメジャーリーガーと公言する。しかし今夏は東東京大会5回戦で、秋は都大会の初戦で敗退。2季連続で甲子園から遠ざかり、秋季大会後は主将の座も降りた。「今自分の評価は下がってる。ここからは上げるしかないです。球速も1年から上がってないので、150キロ出したい」。来夏は再び甲子園のマウンドに立って、右腕の輝きを見せつけたい。
(日刊)

太成学院大高・今村は伸び盛り左腕

 11年秋のドラフトには、10年に1度と称されたハンカチ世代を上回る実力派がめじろ押しだ。いち早く来秋のドラフト候補をチェックした。

 太成学院大高(大阪)の左腕、今村信貴(2年)は伸び盛りの速球でドラフト1位候補に挙がる。今秋の近畿大会大阪府予選では8強に入った。準々決勝の履正社戦で最速146キロをマークした。高校入学時は最速128キロだった直球が「普段のトレーニングから高い意識を持ってやった」成果が出て、飛躍的に伸びた。目標は、150キロ超えに定めている。
(日刊)

東海大甲府・高橋は中日森野超える

 11年秋のドラフトには、10年に1度と称されたハンカチ世代を上回る実力派がめじろ押しだ。高校生では東海大甲府(山梨)高橋周平内野手(2年)らが上位候補に挙がる。いち早く来秋のドラフト候補をチェックした。

 東海大甲府・高橋は、中日森野の恩師でもある村中秀人監督が「森野よりいいかも」という逸材だ。1年夏から4番で高校通算45本塁打。「右投手でも左投手でも、どんなボールも苦じゃない」と言ってのける左の強打者だ。遊撃手としてグラブさばきも柔らかく、すでに阪神、巨人、中日、ロッテ、ヤクルトなど国内外のスカウトが熱視線を送る。「通算60本は打ちたい。甲子園をテレビでしか見たことがないので、あそこでプレーしたいです」と、その名を全国にとどろかせるつもりだ。
(日刊)

ハム1位候補は東洋大・藤岡、帝京・伊藤

 日本ハムが来秋のドラフトでそれぞれ大学、高校NO・1と呼び声の高い東洋大・藤岡貴裕投手(3年=桐生一)と帝京・伊藤拓郎投手(2年)を1位候補にリストアップしていることが27日、分かった。ともに下級生から頭角を現しており、山田GMらスカウト勢が継続調査をしてきた。藤岡は「即戦力」、伊藤は「将来性」とその時のチーム事情に合わせ、柔軟に選択することになりそうだ。
(日刊)

tag : 北海道日本ハムドラフト情報

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示