FC2ブログ

中日の外れ1位は「北陸の怪腕」星稜の西川

 中日 東海大甲府・高橋が競合で抽選を外した場合、外れ1位は星稜の右腕、西川健太郎(18)を指名することが濃厚になった。

 中田宗男スカウト部長は「いろいろな可能性がある。思いもよらぬ選手が残る可能性もあるし」と外れ1位について明言しなかったが、最速147キロの「北陸の怪腕」がその筆頭候補だ。

 ゴジラ松井の後輩にあたる西川は甲子園出場こそないが、1メートル84の長身から投げ下ろす直球が最大の武器。クセがない、しなやかな投球フォームは中日だけでなく各球団も高く評価している。外れ1位でも指名が重複する可能性はあるが、将来のエースも狙える素材だけに、あえて指名に踏み切る。
(スポニチ)

tag : 中日ドラフト情報

阪神2位は今村!無名も才能ある左腕

 阪神が1位で狙う慶大・伊藤を競合の末に逃した場合は、外れ1位候補に英明の193センチジャンボ投手・松本竜也投手が浮上する。今夏の甲子園で2回戦に進出した145キロ左腕。精神面など粗削りなところもあるが、スケールの大きな投手に育つ材料は十分。ただ松本を外れ1位に挙げる球団は複数あるとみられ、現時点では1本釣りで伊藤の1位指名に落ち着く可能性が高い。

 2位には太成学院大高・今村信貴投手の指名がありそうだ。最速149キロの才能あふれる左腕。甲子園経験がないため全国的には無名だが、能見、岩田に続く生え抜き左腕を育成したい球団の意向に一致する。また、右投手では星稜・西川健太郎も評価が高い。

 3位以下では東洋大・鈴木大地、東芝・安達了一(23)ら守備力に定評のある内野手も可能性がある。関西・渡辺雄貴内野手や明徳義塾・北川倫太郎外野手、東大阪大柏原・石川慎吾外野手ら長打の狙える高校生や、今春の選抜甲子園で大会タイ記録の8打数連続安打を放ち準優勝した九州国際大付・高城俊人捕手も攻守で評価されている。

 海星・永江恭平投手は下位指名が濃厚。育成枠では広島・前田健とPL学園の同期で、香川オリーブガイナーズの冨田康祐投手(23)の指名も検討されている。
(デイリー)

tag : 阪神ドラフト情報

ヤクルトは高橋指名!小川監督 縦じまスーツで“念”

 ヤクルトは都内の球団事務所で最終のスカウト会議を開き、東海大甲府・高橋の1位指名を確認した。

 競合は確実で、くじ引き役は昨秋ドラフトで2度外した小川監督に代わり、衣笠剛球団社長兼オーナー代行が担当。過去に90年代の中心選手を次々と引き当て、「黄金の左手」と呼ばれた故・相馬和夫球団社長にならい「左手でいきます。ぜひ当てたい」と意気込んだ。小川監督は東海大甲府の縦じまユニホームになぞらえ、ストライプのスーツで出席する。
(スポニチ)

tag : 東京ヤクルトドラフト情報

横浜 日本製紙石巻のスピードスター・比屋根を指名へ

 横浜が日本製紙石巻のスピードスター、比屋根(ひやね)渉外野手(24)を指名する。

 チームがある宮城県石巻市は今年3月の東日本大震災で大きな被害を受け、社会人2年目の比屋根も震災直後は野球どころではなかった。ボランティアとして瓦礫(がれき)の撤去作業などに追われ、5月の練習再開後もグラウンドが使用できないために、約2カ月間、全国を転々として練習試合を行ってきた。横浜は、右の巧打者タイプで50メートル5秒95の俊足に早くから注目しており、球団関係者は「今年は社会人は候補が少ない。その中で比屋根は貴重な存在」と話す。苦難のシーズンを乗り越え、被災地に吉報が届く。
(スポニチ)

tag : 横浜ドラフト情報

菅野 巨人が単独指名!3年連続一本釣り

 「プロ野球ドラフト会議 supported by TOSHIBA」は27日、都内ホテルで午後5時から開催される。大学球界最速157キロを誇る菅野をめぐっては、伯父の原辰徳監督(53)率いる巨人が昨年末に早々と1位指名を表明。中日など他球団も最上位指名候補に挙げていたが、本人サイドの強い意向もあって指名を断念した。注目の「BIG3」の一角は、静かに運命の瞬間を待つ。

 運命の日を翌日に控えた菅野は、神奈川県平塚市の東海大グラウンドで調整。取材対応は行わず、同大マネジャーを通じて「自分は何もできないので、いい結果で終われるように祈っています」とコメントした。

 最速157キロ、巨人・原監督のおい――。同世代で最も注目を集めてきた右腕は当初、「BIG3」と並び称される東洋大・藤岡、明大・野村とともに全球団から最上位指名候補にリストアップされていた。だが昨年12月14日、巨人・清武英利球団代表兼GMが「大きな器だし、プロに入って飛躍を感じさせる」と菅野の1位指名を表明して最大限の誠意を示すとともに他球団の動きをけん制。徐々に指名リストから外す球団が出ていた。


 相思相愛の巨人にとっては、09年の長野、昨年の沢村に続き、3年連続で超目玉選手の一本釣り成功だ。既に球団では「19」「20」「21」とエース級の背番号を用意。千代田区大手町の球団事務所でのスカウト会議後、山下スカウト部長も「何とも言えないが、そういう方向(単独指名)にいっているかなと思う」との見通しを示した。

 今ドラフトの中心的存在を担ってきた菅野にとっては、信じて待つだけ。「伯父さんから“プロに行くのは簡単だが、活躍できる選手は少ない”と言われている。だから、そこを目指す」。ドラフトはゴールではない。それは菅野が一番よく知っている。
(スポニチ)

tag : 巨人ドラフト情報

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示