スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八戸大田代「どこでも」楽天塩見も太鼓判

 八戸大の田代将太郎外野手(4年=東海大四)は、自信を持ってプロ志望届を出した。高校、大学と指導者に「お前はプロに行ける」と言われた。八戸大の1年先輩で、プロ初年から活躍している西武秋山翔吾外野手(23)、楽天塩見貴洋投手(23)には「次はお前の番だ」と言われた。

 走攻守3拍子そろった外野手として活躍。昨年は春秋リーグ優勝し、大学選手権、神宮大会に出場した。選手権準々決勝の北大戦では延長14回裏、劇的なサヨナラ本塁打を放った。「人生で初の全国大会で打てた。一番の思い出」と言う。「八戸大で技術面とともにメンタル面で成長できた」と感謝も忘れない。

 西武、ロッテなどが関心を示している。「どこでも何巡目でもプロに行きたい」とドラフト会議を心待ちにする。甘い世界ではないことは承知している。「厳しい世界。入れたら、何事にも自分にも妥協せず精進したい」と心構えはできている。北海道から青森をステップにプロへ。田代の野球人生を切り開く運命の日がやってくる
(日刊)

tag : 千葉ロッテドラフト情報 埼玉西武ドラフト情報

西武1位候補JR東日本・十亀/都市対抗

 西武がドラフト1位候補に最速148キロの大型サイド右腕、JR東日本の十亀(とがめ)剣投手(23)をリストアップしていることが24日、分かった。この日の都市対抗・富士重工戦(京セラドーム大阪)で先発した十亀は、8回2/3を6安打無失点に抑える力投を見せた。ネット裏では、鈴木葉留彦球団本部長兼編成部長(60)ら主要スカウト陣がそろって視察。評価が急上昇しており、27日のドラフト会議で“一本釣り”する可能性も出てきた。

 ある球団幹部は「今年見た中では一番の内容。投げっぷりがいいし、即戦力になる」と高く評価した。今年入団した右下手投げのルーキー牧田が新人王最有力で、社会人でもまれた変則投げには身近な成功例もあって、魅力は十分。十亀は愛工大名電3年の05年センバツで全国制覇した時の控え投手。日大からJR東日本に進んで成長し、広島も“外れ1位”候補に挙げている。

 西武は東洋大・藤岡、明大・野村も1位リストに残すが、重複指名が確実な状況だ。菊池、大石と2年連続で抽選を引き当てた渡辺監督の強運にかける手もあるが、戦略的には競合指名は避けたい。“一本釣り”を得意にしてきた歴史もあり、他球団の動向次第では「十亀・1位」に絞りこむ可能性も秘めている。
(日刊)

tag : 埼玉西武ドラフト情報

“下町のダル”父への感謝を胸にプロの世界へ

 父への感謝の思いを胸に、プロの世界へと飛び込む。吉本の父・英世さん(51)は、09年9月に脳出血のため左半身がまひし、現在も後遺症が残る。「親孝行という意味でもプロに行きたい。早く投げている姿を見てもらいたいので」と強い決意を胸に秘めている。

 小1から野球を始めたのも、英世さんからグラブとバットを買い与えられたのがきっかけ。その野球少年が注目を集めたのが、高2夏の東東京大会1回戦の都科学技術戦だ。4回で10三振を奪う好投を見せ、無名の存在から一気にプロのスカウトから注目を集めるまでにのし上がった。それでもプロ入りへの確信は持てず、3年春までは大学進学を考えていたという。

 確信が持てるようになったのは、5月上旬の強豪・成田(千葉)との練習試合。14奪三振と好投し「結果を残せるようになって自信が持てるようになった」という。1メートル87の長身から繰り出す最速149キロの直球を武器にする右腕には広島、西武などが外れ1位候補に挙げ、広島の苑田聡彦スカウト部長は「素材はトップクラス。日本を代表する投手になる可能性を持っている」と評価する。

 今夏は東東京大会4回戦で敗退。甲子園出場はならなかったが「下町のダル」の評価は甲子園経験者にひけを取らない。「甲子園に出ている投手には負けたくない。どれくらいやれるか楽しみ」。吉本の大きな体には大きな夢が詰め込まれている。

 ◆吉本 祥二(よしもと・しょうじ)1993年(平5)6月26日、東京都生まれの18歳。辰沼小1年から野球を始めて投手。蒲原中では軟式野球クラブ・ブラックキラーズで3年時に都大会優勝。足立学園1年夏からベンチ入りし、2年秋からエース。今夏は東東京大会4回戦で敗退。家族は両親と兄、弟。1メートル87、78キロ。右投げ右打ち。
(スポニチ)

tag : 埼玉西武ドラフト情報 広島ドラフト情報

西武“下町のダル”足立学園・吉本を外れ1位候補に

 西武が27日のドラフト会議で「下町のダルビッシュ」の異名を持つ、足立学園の吉本祥二投手(18、写真)を外れ1位候補としてリストアップしていることが21日、分かった。

 1位では東洋大・藤岡貴裕投手(22)、明大・野村祐輔投手(22)らを候補に挙げているが、競合する可能性が高く、抽選で外れた場合は、将来性を買って高校生を指名することが濃厚となった。吉本は甲子園出場経験はないが、1メートル87の長身で直球は最速149キロ。変化球もカーブ、スライダー、フォークと多彩で、球団関係者は「どの球団も高い評価をしていると思う」と、先発完投型として評価している。

 その他の外れ1位候補には英明の長身左腕・松本竜也投手(18)、唐津商の153キロ右腕・北方悠誠投手(17)が挙がっている。
(スポニチ)

tag : 埼玉西武ドラフト情報

ナベQ引力で東洋大・藤岡も引く!大石&雄星に続くぞ!…西武

 西武が27日に行われるドラフト会議で、東洋大のアマNO1左腕・藤岡貴裕投手(22)を1位指名の最有力候補に挙げていることが19日、分かった。MAX153キロを誇るサウスポーは、最大7球団による抽選が必至な情勢だが、18日に来季続投が決定した“ゴッドハンド”を持つ渡辺監督の強運にすべてを託す。

 18日、編成トップに就いた鈴木葉留彦球団本部長兼編成部長(60)は、目前に迫ったドラフトについて「ある程度は進めています」と話すにとどめた。だが、関係者の話を総合すると、やはり本命は藤岡だった。西武のローテーションは現在、西口や石井一のベテラン勢が担っており、新時代を担う先発完投型が補強ポイントとなっている。即戦力左腕は、ノドから手が出るほど欲しい。

 すでに藤岡にはロッテが1位指名を明言。オリックスや日本ハム、横浜なども1位候補にリストアップしており、競合は避けられない。ある在京球団スカウトは「最終的には5球団程度になるのでは」と見通しを語った。

 西武にとってのアドバンテージは、何といっても渡辺監督の強運だ。09年は菊池を、10年は大石を、2年連続で6球団競合の末に引き当てた。くじ運の強さは折り紙付き。2度あることは3度ある。

 西武は18日、レギュラーシーズン最終戦で日本ハムに勝利。オリックスをわずか1毛差でまくり、3位に浮上し、土壇場での逆転CS出場を決めた。この日、チームは休養日。29日からのCS第1S・日本ハム戦(札幌D)に向け、20日からは宮崎・南郷で「勝利への執念合宿」に臨む。渡辺監督は大一番の采配を前に、ドラフトでも大勝負に挑むことになりそうだ。
(報知)

tag : 埼玉西武ドラフト情報

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。